【沖縄】沖縄市の泡瀬干潟で8日、渡り鳥のオオソリハシシギ8羽が丸まって羽を休め、餌をついばむ姿が確認された。オーストラリア辺りから繁殖地の北極地域に向かう途中とみられる。県内は渡りのコースだが、一度に8羽そろって観察されるのは近年で珍しいという。