【伊江】伊江村議会(島袋義範議長)は5日午前の臨時会で、先月の米陸軍揚陸艇2隻の伊江港入港に関する抗議決議と意見書の両案を全会一致で可決した。

米陸軍揚陸艇2隻の伊江港入港に関する抗議決議と意見書の両案を全会一致で可決した伊江村議会=5日午前、同議会

 決議と意見書では、村民生活などに悪影響を及ぼすとして、今後の入港にも反対し、米軍艦船入港と民間地域内で米兵が隊列で進む「行軍」などをやめるよう求めている。

 先月26~29日に入港したことを受け、島袋秀幸村長と島袋議長は同29日、沖縄防衛局に対して入港自粛などを米軍側に伝えるよう強く申し入れていた。

 一方、米軍は同じ2隻が今月5~8日(午後2~9時)まで伊江港を使用する入港届を村に提出。大型訓練で使用するために搬入した車両や物資などを運び出すためとみられ、5日午後に再び入港する予定だ。