患者個人の具体的な病状が分からないため、あくまで一般的な例で言うと、カメラで見える胃や腸のがんに比べ、膵臓(すいぞう)の腫瘍の良性、悪性を手術前に断定するのは難しい。