名護市大川の「うふまた」地域を流れる川沿いで約200本のカンヒザクラが9分咲きになっている。

 区内で設計事務所を営む仲地正樹さん(38)とデザイナーの静香さん(38)夫妻は愛犬のピカソ(4カ月の雌)を連れて花見。正樹さんは「水面に映る逆さサクラが素晴らしい」、静香さんは「薄いピンクと濃いピンクの花があって楽しい」と見入っていた。崎濱秀政区長は「郷友会などが手入れした分だけきれいな花が咲いた。たくさんの人に見てほしいですね」と目を細めた。(玉城学通信員)