日本旅行業協会(JATA)は10日までに、旅行会社を対象とした、ゴールデンウイークの旅行動向調査の結果を発表した。連休中の人気旅行先として沖縄が昨年に引き続き1位となった。2位は東京、3位は北海道と続いた。 同調査は協会に加盟する旅行会社など588社を対象に2月、インターネットで実施した。