名護市辺野古の新基地建設をめぐり、国が翁長雄志知事の埋め立て承認取り消し処分の取り消しを求めている代執行訴訟で、和解が成立する可能性は当初から低いと考えられていた。互いに正当性を主張し、譲り合う気配が見えないからだ。ただ、裁判所の判決が出たとしても最終的な解決にはつながらない。