地産地消をテーマに県産農林水産物と加工食品の魅力を発信する「おきなわ花と食のフェスティバル2016」(主催・同推進本部)が6日午前、那覇市の奥武山公園で始まった。172団体が出展。最もおいしい加工食品のナンバーワンを決める「おきなわ島ふ~どグランプリ」や即売会などのイベントがある。

南部から北部までのファーマーズが集まった即売所で花や野菜を買い求める来場者=6日午前、那覇市・奥武山運動公園

 開会式で、推進本部長を務める砂川博紀JAおきなわ理事長は「県産農林水産物を通じて、沖縄らしい食文化を実感していただける」とあいさつした。

 フェスティバルは6、7日の2日間、午前10時から午後6時まで。