2016年8月、沖縄市長の桑江朝千夫氏(62)は防衛省で米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の倉庫群などを嘉手納弾薬庫知花地区へ受け入れると表明した。地域住民は移設の影響でさらに交通渋滞が悪化することを懸念。防衛省と沖縄防衛局、市の三者で協議会を設置し、解決に向けて取り組んでいる。