人口685人の粟国島から4月、再び「空の足」が途絶えた。第一航空(本社・大阪)が、粟国空港での着陸失敗事故(2015年8月)に伴う運休から2年5カ月ぶりに再開したばかりだった。障壁は同社が昨年12月に県や村に提示した赤字見込み額。県や村は金額が「過大」として運航補助金を打ち切った。