【石垣・宮古島】北朝鮮の事実上のミサイルが上空を通過した先島諸島。「発射前倒し」の情報を受けた地元自治体や関係機関は7日未明から対応に追われ、緊迫感に包まれた。一方、地域住民は被害がないとの情報に安堵(あんど)の表情。宮古島市では初めて基地外に配備されたPAC3を前に抗議する住民の姿も見られた。

情報を受信し、赤色点滅するJアラートでミサイル発射を確認する中山義隆市長(右)=7日午前9時35分、石垣市役所

普段は市民が憩う場所に配備されたPAC3。背後に伊良部島が映る=7日午前7時すぎ、宮古島市のトゥリバー地区

情報を受信し、赤色点滅するJアラートでミサイル発射を確認する中山義隆市長(右)=7日午前9時35分、石垣市役所 普段は市民が憩う場所に配備されたPAC3。背後に伊良部島が映る=7日午前7時すぎ、宮古島市のトゥリバー地区

 石垣市役所では午前7時前から中山義隆市長や職員らが防災危機管理室に詰め掛け、全国瞬時警報システム(Jアラート)の端末を注視。宮古島市役所でも同6時半から下地敏彦市長らが「万が一」に備えた。

 午前9時34分。「ミサイル発射情報」がアラーム音とともに伝えられると、両市の幹部や職員は険しい顔つきで追加情報を待った。 両市ともに被害は確認されず、石垣市の幹部は安堵の表情を浮かべ「北朝鮮の行為は非難すべきだ」と指摘。「平日であれば子どもたちの安否も気になる。通学中なら混乱も起きただろう」と話した。

 石垣市の男性(35)は、3歳の娘と車でバンナ公園に向かった瞬間、ミサイル発射を知り、自宅に引き返した。「迎撃ミサイルが搬入されて物騒だ。北朝鮮には過激なことをやめてほしい」とこぼした。

 宮古島市でPAC3が配備された埋め立て地「トゥリバー地区」の市管理部分は、ビーチなどもあり、周辺の規制を知らずに車で引き返す市民らの姿もあった。午前10時すぎ、同市への陸自部隊配備計画に反対する市民が、自衛官を前に抗議。「止めよう自衛隊配備宮古郡民の会」の下地朝夫共同代表は「危機感をあおり活躍をアピールし、反自衛隊の感情を和らげるのが目的だ」とPAC3の一時配備を批判した。

■辺野古ゲート前「発射許されぬ」

 新基地建設に反対する人々が座り込む名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前。沖縄平和運動センターの大城悟事務局長(52)はミサイル発射を知り「決して許されるものではない」と非難。2週間ほど沖縄に滞在している札幌市の女性(66)も「ミサイル開発に巨額の資金を費やすぐらいなら、食べ物に窮している自国民を救うべきだ」と同調した。

 一方、大城事務局長は「政府は、北朝鮮や中国の脅威をあおり、基地強化を正当化するのだろう」と危機感もあらわに。「軍事力で敵対するのではなく外交ルートで対話を続け、解決を目指すべきだ」と強調した。

 ミサイルをめぐる緊迫した動きに違和感を抱く人もいた。東京都から2カ月に1回ほど、辺野古を訪れるというアルバイト女性(32)は「東京の人間には、オスプレイや戦闘機が飛び、弾薬運搬車が当然のように行き来する沖縄の日常の方がよっぽど危ない」と語った。

■被害なし 沖縄県庁安堵

 北朝鮮のミサイル発射を受け、沖縄県庁でも被害状況などの確認に追われた。 

 「今、発射された」。午前9時33分、5階の危機管理センターに詰めていた自衛隊の連絡員が防災危機管理課に駆け込み、一報を伝えた。直後、全国瞬時警報システム(Jアラート)の警報音が鳴り響き、緊張が高まった。担当課長が翁長雄志知事に慌ただしく報告した3分後、連絡員から「今、石垣島上空。予定通りのコースです」。程なく2度目のJアラートが作動し「沖縄県上空をミサイルが通過したもよう」と伝えられた。

 被害のないことを確認すると、県の担当職員は「思った以上に発射が早かった。本当に良かった」とつぶやいた。