沖縄県子どもの貧困対策推進計画素案の最大の特徴は「乳幼児期」と「小・中学生期」「高校生期」など、支援が必要な子どもの側に立ち、ライフステージごとに当面の重要施策を掲げたことだ。