OCS(オークス、林秀寛社長)は11日、那覇市松山の本社で沖縄タイムス社が提供する新聞の読み方講座を開いた。新人研修の一環で新入社員ら若手15人が参加し、新聞から情報を得る方法やビジネスに生かすヒントを学んだ。

気になる記事を互いに紹介する受講者=11日、那覇市松山のOCS本社

 沖縄タイムス社読者局の仲間勇哉NIB担当が「新聞はページごとに、どんな分野の記事が載るか決まっている。見出しと前文だけでも記事の要約が分かる」と効率良く情報を得るこつを説明。また「幅広い分野の記事が載った新聞に継続して触れることで関心を広げ会話の引き出しを増やせる」と人間関係や仕事に生かすことを提案した。

 受講した泉川寛覚さん(24)は「新聞のたくさんの記事の中から関心のある記事を探す方法が分かった。大手ニュースサイトでは分からない地方の記事も読んでいきたい」と話した。