県議会与党会派「おきなわ」は12日、会見を開き、名護市辺野古の新基地建設を巡り、翁長雄志知事に要請する予定だった知事主導による県民投票実施の働き掛けを当面見送ると発表した。知事が膵臓(すいぞう)の腫瘍の摘出手術が必要なことから、治療に専念することが優先だと判断した。