日銀のマイナス金利導入決定で長期金利がマイナスに転じたことを受け、沖縄県内の金融機関は預金金利引き下げなどの対応を急いでいる。貸出金利の指標となる長期金利の下落で、貸し出し利回りの低下に拍車がかかるのは必至。金融機関も運用する国債で利益を確保するのも難しくなり、収益環境の見通しは厳しさを増してきた。