【北谷】北谷の魅力をPRするイメージキャラクターに「ちーたん」が決まった。北谷町が7日、北谷公園野球場前広場であった「北谷の産業まつり」で発表した。那覇市の専門学校生比嘉まりなさん(19)の作品で、応募総数266点の中から選ばれた。

北谷のイメージキャラクターに決まった「ちーたん」と作者の比嘉さん(右から3人目)=北谷公園野球場前広場

 「ちーたん」は、北谷生まれ北谷育ち、ちょこまか走るのが特徴で、趣味は夕日を見ること。誕生日はお披露目された2016年2月7日だ。観光イベントなどに登場し、北谷を発信していく。

 比嘉さんは、大地を飛び立つ飛鳥がイメージの北谷の町章をモチーフに「ちーたん」を描いたという。「子どもでも呼びやすいように『ちーたん』と名付けた。世界で広く活躍するキャラクターになってほしい」と、喜んだ。

 選考委員長の神山正勝副町長は「私たち町民のキャラクターとしてぜひかわいがって」と呼び掛けた。野国昌春町長も「町の新たな『広報』として活躍してもらいたい」と期待した。まるまるとした姿の「ちーたん」は、早くも人気で、記念写真を撮る人も多かった。

 イメージキャラクターは町制35周年の記念事業。1次選考を通過した10作品で、総選挙を昨年11月に実施。町内在住者などによる投票総数3708票のうち、「ちーたん」が1081票でトップ当選だった。2位は與那嶺利沙さんの「ちゃたらん」、3位は鉢嶺明美さんの「長老ちゃあたん」で、優秀賞が贈られた。