沖縄タイムス+プラス ニュース

比嘉大吾選手の王座剥奪 体重パスできず 具志堅会長「自分の責任」

2018年4月14日 14:58

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(22)=浦添市出身、宮古工業高出、白井・具志堅スポーツ=は14日に行われた世界戦の前日計量で、リミット(50・8キロ)から900グラムオーバーの51・7キロで体重超過となった。比嘉には2時間の猶予が与えられたが、計量会場に姿を現さず王座剥奪(はくだつ)となった。具志堅会長は「全ては自分の責任」と謝罪した。

(資料写真)比嘉大吾選手

比嘉大吾の体重超過による王座剥奪を謝罪する具志堅用高会長=14日、東京都内のホテル(小笠原大介東京通信員撮影)

(資料写真)比嘉大吾選手 比嘉大吾の体重超過による王座剥奪を謝罪する具志堅用高会長=14日、東京都内のホテル(小笠原大介東京通信員撮影)

 挑戦者で同級2位のクリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=は300グラムアンダーの50・5キロで1回でパスしていた。

 日本人が世界戦で体重超過となるのは初めて。

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム