米保険大手AIGグループ傘下のAIG富士生命保険(東京都、友野紀夫社長兼CEO)は10日、同社のコールセンター業務を担う「沖縄コミュニケーションセンター(仮称)」を新設すると発表した。所在地は那覇市おもろまちで、3月1日から稼働する。

 従業員は約60人。ことし3月末で保険商品の新規販売を終了するグループ会社、アメリカンホーム医療・損害保険(東京都)のコールセンターで雇用している県内採用従業員604人の中から充てる。AIGジャパン・ホールディングスの担当者によると、残りの従業員は那覇市内にある他のグループ会社の拠点で継続雇用することが決定。一部、退職者もいるという。

 沖縄コミュニケーションセンターでは保険契約者や代理店などの相談対応、契約内容の変更手続きなどを担う。