県立北部病院に4月に歯科口腔(こうくう)外科が新設されることが10日までに分かった。県病院事業局が診療科を追加する条例改正案を県議会2月定例会に提案する。嘱託医1人の体制で始め、入院中・術後の患者への口腔ケアを進めることで肺炎の予防などにつなげたいという。

沖縄県立北部病院

 県内5つの医療圏域にある県立病院で歯科口腔外科が設置されていないのは、県立北部病院と八重山病院だけ。八重山病院は新病院の移転時に設置される。

 県病院事業局によると、歯科口腔外科の新設は、障がい者歯科診療の充実も視野に入れており、今後、中部病院などと連携を図る方針だ。