「日本で一番早い夏の大花火」と銘打った琉球海炎祭(主催・同実行委員会)が14日夜、沖縄県宜野湾市の宜野湾海浜公園であった。音楽に合わせ、1万発の花火が夜空を彩った。海外からの観光客を含む約10万人(主催者発表)の観客を魅了した。

夜空を彩る琉球海炎祭の花火=14日、宜野湾海浜公園(下地広也撮影)

 15周年の節目。葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」の大波と富士山を表現する花火もあった。フィナーレではファッションデザイナーのコシノジュンコさんが描いた幻想的な花火が披露された。