紙製容器製造のミヤギパッケージ(沖縄県豊見城市、宮城通治社長)が開発した「オリガミ・サムライ」が、国内外で順調に売れている。見本市への出展を機に販路が拡大し、昨年6月以降、イタリアやドイツ、パリなどでも販売した。国内でも海外への土産品として人気があるという。月内にも増産し、2018年度は国内外で1万セットの販売を目指す。

オリガミ・サムライの販路拡大に意気込むミヤギパッケージの宮城通治社長(右)ら=豊見城市

 「オリガミ・サムライ」は、紙を折って組み立てる技術や、日本らしい甲冑(かっちゅう)が外国人に人気となっている。

 昨年1月と9月にフランス・パリで開かれたヨーロッパ最大級の見本市「メゾン・エ・オブジェ」への出展が転機となった。有力バイヤーから声が掛かり、海外の百貨店などから取引依頼が相次いでいるという。

 これまでフランスやイタリアのほか、ハワイ、タイでも販売。現在は、ドイツの大手百貨店「KaDeWe(カーデーヴェー)」がベルリン本店、ハンブルク、ミュンヘンの3店で開催しているイベント「Super Asia」に出品している。

 このほか、パリのユニクロや、米フロリダ州のディズニーワールドの日本館などからも取引依頼があるという。

 同社は今後もプロモーション活動を通じて販売代理店などを発掘し、販路を拡大していく方針。2018年度は1万個を販売し、新商品開発も進めながら約2千万円の売り上げを目指す。

 宮城社長は「従来の受注型のビジネスにとどまらず、自社開発商品を生み出す『創造型企業』として、販路を開拓していきたい」と話した。