任期満了に伴う沖縄市長選が15日告示され、新人で前市議の諸見里宏美氏(56)=社民、共産、社大、自由、民進、希望推薦=と現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=の2氏が立候補を届け出た。新人と現職の一騎打ちとなる。1万人アリーナ建設の是非や待機児童問題、経済振興策を争点に7日間の選挙戦に突入した。投開票は22日。

(左)市政奪還を訴える諸見里宏美氏=15日午前、沖縄市・コザ十字路(右)市政継続を訴える桑江朝千夫氏=15日午前、沖縄市・胡屋十字路

 市長選は翁長雄志知事や県政与党、市議会野党が諸見里氏を支持し、桑江氏は国政与党や県政野党、市議会与党らが支援する対立構図。秋の県知事選を見据え、名護、石垣両市長選に続く前哨戦として両陣営の総力戦が展開される。

 両候補者は15日午前、市内で出発式を開いた。

 諸見里氏は「市政を奪還し、市民が主役の沖縄市をつくる」と主張。現市政が進める1万人アリーナ建設について、「建設費も市民負担も明らかにされない。検証する」とし、公立夜間中学校の設置や待機児童ゼロを目指すと訴えた。

 桑江氏は「1万人アリーナで新しいにぎわいの場を創出し県内外からたくさんの人々に来てもらいたい」と呼び掛けた。観光振興を見据えて東部海浜開発事業を進めていくとし、経済活性化で社会福祉費に充てると強調した。

 沖縄市の選挙人名簿登録者数は14日現在、11万171人(男性5万2496人、女性5万7675人)。

 諸見里宏美(もろみさと・ひろみ) 1961年生まれ。沖縄市上地出身。2007年に県PTA連合会会長を務め、10年に沖縄市議選に初当選し、2期目途中で辞職。

 桑江朝千夫(くわえ・さちお) 1956年生まれ。沖縄市住吉出身。94年から沖縄市議を3期務めた。2008年から県議、2期目途中で辞職し14年に沖縄市長選に初当選。