【黒島=竹富】旧正月の8日、竹富町黒島では旧暦伝統行事の大綱引きが行われ、仲本集落と東筋集落が豊作豊漁を願い、綱を引き合った。

二つの集落に分かれ、綱を引き合う黒島の住民や郷友会、観光客ら=竹富町黒島

 東筋集落の黒島伝統芸能館前では住民や郷友会、観光客も交じって約300人で大にぎわい。八重山では1週間以上も曇りが続いたが、この日は晴天の青空。住民らは晴れやかに「あけましておめでとう」とあいさつを交わしていた。

 ドラとかねが打ち鳴らされた後、北と南に分かれた住民が正月ユンタを掛け合い、行事がスタート。巻き踊りや勇壮な武者がやぐらの上で争うツナノミンが披露された後、大綱引きが始まり、観光客も力いっぱい綱を引いて、伝統行事を楽しんでいた。

 埼玉県から訪れた高野晶さん(53)は「正月気分に夏祭りが加わる独特な雰囲気」と豊年祭を感じさせる旧正行事を堪能していた。(奥沢秀一通信員)