2018年(平成30年) 6月19日

沖縄タイムス+プラス ニュース

比嘉大吾・具志堅用高氏、県民栄誉賞を辞退 沖縄県は授与の意向

 沖縄県の翁長雄志知事は16日、17日に予定していた世界ボクシング評議会(WBC)前フライ王者の比嘉大吾選手と、所属ジムの具志堅用高会長への県民栄誉賞表彰式を実施しないと発表した。2人から県民栄誉賞辞退の申し出があったという。同賞は1999年以降、5個人・団体に贈られているが、辞退は初めて。

前日計量を控える比嘉大吾選手(左)と具志堅用高氏=14日、東京都内のホテル

 翁長知事はこれまでの実績から県民栄誉賞を受け取ってもらいたいという考えに変わりはないとして「今後の対応について2人と相談しながら進めていきたい」と賞を授与する意向を示した。

 比嘉選手には「県民も今後に期待している。さらに精進し、これまで以上に活躍されることを期待している」とコメントした。

 比嘉選手は14日、3度目の防衛戦の前日計量で体重超過となり、王座を剝奪された。15日のタイトル戦でもTKOで敗れ、プロデビュー以来初の黒星を喫した。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間