【伊是名】沖縄タイムスふるさと元気応援企画「伊是名村物産・観光と芸能フェア」が12日から那覇市久茂地のタイムスビルで始まるのを前に、芸能公演に出演する伊是名尚円太鼓のメンバーが練習に励んでいる。

フェア本番に向け、練習に力が入る伊是名尚円太鼓のメンバー=1月27日、伊是名村産業支援センター

 尚円太鼓は1989年、琉球王朝第二尚氏の開祖、尚円王にちなんだ伝統芸能をつくろうと結成された。本土の和太鼓がベースで、迫力のある音と息の合ったバチさばきが特徴だ。

 これまで携わったメンバーは100人以上。代々受け継がれ、今では島の顔となっている。昨年7月には、東京であった新宿エイサーまつりにも出演した。

 メンバーはフェアに向け、仕事や学校を終えて毎日練習に励む。島真琳さん(14)=伊是名中2年=は「小さいころから祭りや行事で見てきた。島の音を那覇でも響かせたい」と笑顔。神山利和会長(58)は「当日はステージを通して島の雰囲気も届けたい」と意気込んだ。

 尚円太鼓のステージは12、13の両日ある。問い合わせは沖縄タイムス社、電話098(860)3000。