空いている部屋をネットで仲介する、世界最大手のウェブサイト「Airbnb(エアービーアンドビー)が12日までに、今週末13~14日にかけてのバレンタイン予約率を発表した。通常の週末に比べ、カップルでの予約率は北海道のニセコ地域が54%増、沖縄は36%増。特にロマンチックな部屋に人気が集まった。

エアービーアンドビーに登録されている人気の高い沖縄の物件

エアービーアンドビーに登録されている人気の高い沖縄の物件の内部

エアービーアンドビーに登録されている人気の高い沖縄の物件のベッドルーム

エアービーアンドビーに登録されている人気の高い沖縄の物件 エアービーアンドビーに登録されている人気の高い沖縄の物件の内部 エアービーアンドビーに登録されている人気の高い沖縄の物件のベッドルーム

 Airbnbによると、沖縄の人気が高い理由として「寒い季節に、暖かい気候で過ごしたいという人が多いのではないか」と分析した。

 世界的には、「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリアのヴェローナをはじめ、デンマーク、ポーランド、イギリス、スイスなどで上昇率が高かった。

 Airbnbは、世界190カ国以上のアパートや民家などの空き部屋を、旅行者らに貸し出しを仲介する世界最大のサイト。2008年に米国で創業された。(沖縄タイムス+プラス編集部)