那覇市議会(金城徹議長)2月定例会が12日開会し、城間幹子市長が2016年度の施政方針を発表した。子どもの貧困対策について「最優先で取り組むべき課題」と述べ、辺野古新基地建設については「翁長雄志知事を支持する」とあらためて表明した。認可保育所の新規設置や創業支援にも取り組む方針を示した。

 1430億500万円の一般会計予算案については「子ども政策分野の施策へ重点的に予算を計上し、学校施設・市営住宅の建て替えや社会保障費の増についても確実に対応する」とした。

 会期は3月17日までの35日間。