世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾選手(22)が体重超過で王座を剥奪されたことを受け、比嘉選手を応援する関係者は「とにかく残念」と肩を落とした。15日に予定される試合や今後に向けて「KOで勝って次につなげて」「別の階級で頑張って」などのエールも聞かれた。