【浦添】市内3カ所の児童センター(宮城っ子、森の子、宮城ヶ原)の子どもたちがこのほど、伊祖断層を見学した。伊祖断層は、県の防災計画で最大震度6強の直下型地震が想定されており、地域の防災を考えるのが狙い。 講師として災害ソーシャルワーカーの稲垣暁さんが案内。