琉球大学観光産業科学部観光政策ゼミ(下地芳郎教授)が12日までに公表した県内自治体と観光協会の観光情報の発信状況によると、回答した54の市町村・協会のうち7割以上がインターネットでホームページ(HP)やフェイスブックを開設しているが、更新頻度は6~7割が「不定期」と回答。