【嘉手納・読谷】犯罪から児童を守ろうと、嘉手納地区防犯協会の山内悦子会長らは4日までに、嘉手納町と読谷村の両教育長を訪ね、防犯ブザー計700個を贈呈した。 両教育委員会を通し、町村内の小学新1年生全員に配布される。犯罪から身を守るための標語「いかのおすし」のリーフレットも託した。