沖縄タイムス+プラス ニュース

比嘉・具志堅氏が県民栄誉賞辞退 沖縄県は「授与延期」、表彰式行わず

2018年4月17日 07:56

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで、クリストファー・ロサレス選手にTKOで敗れたことを受け、比嘉大吾選手(22)=浦添市出身=と師匠の具志堅用高白井・具志堅スポーツジム会長(62)=石垣市出身=は、県民栄誉賞を辞退する意向を16日、県に伝えた。これを受け県は同日、17日に予定していたWBCフライ級前王者の比嘉選手と具志堅氏への県民栄誉賞の表彰式を行わないと発表した。

前日計量を控える比嘉大吾選手(左)と具志堅用高氏=14日、東京都内のホテル

 16日午前、具志堅氏のジム関係者を通して辞退の申し出があった。

 県側は「授与は今までの功績を評価したもの。両氏への県民栄誉賞授与の意向は変わらず、いつでも受けていただきたい」との考えを示した。今回の表彰式中止は、授与延期という認識を示している。

 翁長雄志知事は「比嘉選手はまだ若く、沖縄県民も今後に期待している。さらに精進し、これまで以上に活躍することを期待している」とコメント。

 比嘉選手は14日、3度目の防衛戦の前日計量で制限体重をクリアできず、王座を剥奪された。試合後、具志堅氏は県民栄誉賞の表彰式について「本人が出られる状況にない。僕もセットだから」と辞退の意向を示唆していた。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS