イオンモール沖縄ライカムは12日、同モール内のツーリストインフォメーションが日本政府観光局の外国人観光案内所の認定を受けたと発表した。ツーリストインフォメーションでは観光コンシェルジュ3人が英語、中国語、韓国語でモール内や県内の観光を案内し、購入商品の免税対応も実施している。認定は、全国のイオンモールで初めて。

イオンモール沖縄ライカム

 同モールは昨年4月の開店から、全館で無料WiFi(ワイファイ)導入、外貨両替機設置など外国人観光客の受け入れ態勢を整えてきた。旅行代理店12社との提携もあり、海外からの観光客は増加傾向にあるという。

 昨年12月に施設だけでなく広域の観光案内ができるカテゴリー2と認定された。担当者は「今後も海外からのお客さま誘致や、快適に過ごせる環境整備に取り組んでいく」と話した。