前半を終えて11-12と追いかける展開だったが、コラソンに焦りはなかった。松信亮平主将は「守備はよく抑えている。逆転できる」と確信したという。攻撃を立て直した後半に底力を発揮し、逆転でホーム2連勝を果たした。 高めの位置で圧力をかける強気の守備を敷いたが、序盤から競り合う展開でリズムに乗れなかった。