○…5月に石垣市である社民党九州地区の自治体議員会議の準備に奔走する宮城一郎県議(社民・社大・結、宜野湾市区)。事務局長として休会中でもほぼ毎日、議会棟で名簿などのまとめ作業に汗を流す。会議では60〜70人の議員がさまざまな政策テーマを議論する。