【沖縄】沖縄こどもの国は14日、オオカンガルーの赤ちゃん1匹が1月31日に誕生したと発表した。赤ちゃんは体重約900グラム、体長は推定で約30センチ。性別はまだわからない。母親の袋(育児嚢のう)から時折、顔を出しては愛らしい姿を見せている。

母親の袋から顔を出し、草で遊ぶオオカンガルーの赤ちゃん=14日、沖縄市胡屋の沖縄こどもの国

母親のみゆきの袋から顔を出すオオカンガルーの赤ちゃん=14日、沖縄市胡屋の沖縄こどもの国

母親の袋から顔を出し、草で遊ぶオオカンガルーの赤ちゃん=14日、沖縄市胡屋の沖縄こどもの国 母親のみゆきの袋から顔を出すオオカンガルーの赤ちゃん=14日、沖縄市胡屋の沖縄こどもの国

 赤ちゃんの母親は8歳の「みゆき」、父親は2歳の「卯月(うづき)」。赤ちゃんは、うっすら毛がはえ始め、目は開いている。名前はまだ決まっていない。同園が、1月31日に、母親の袋から赤ちゃんが顔を出しているのを確認した。赤ちゃんは成長に従い、袋から出ることが多くなり、半年ほどで完全に袋の外へ出て過ごすことになるという。

 カンガルーの赤ちゃんは1円玉ほどの大きさで生まれて母親の袋の中で半年ほど過ごし、その間は姿は見えない。同園では、赤ちゃんの体の一部を確認できたときを誕生日にしている。飼育係の二又川杏奈さんは「元気にすくすく育ってほしい」と目を細めた。

 同園では、別のメス2匹の袋にも、赤ちゃんのいる様子があり、春に向け誕生が続きそうだ。