【名護・宜野湾】日本赤十字社県支部は9日、災害時の救護や広報、献血などの活動に使う「災害救護連絡車」として、名護市と宜野湾市の両地区に約86万円相当の軽自動車各1台を引き渡した。