チェロのベアンテ・ボーマン、バイオリンのグレブ・ニキティンを招いた「スプリングコンサート」が15日、八重瀬町のスタジオティー・トゥッティーであった。デュオによるウェーバー「舞踏への勧誘」や県内弦楽奏者らとの共演で室内楽の魅力を伝えた。