県精神保健福祉会連合会(沖福連)の山田圭吾会長ら8人は14、15の両日、「精神保健活動」に県内で先駆的に取り組んだ久米島を訪れ、元保健師の宮里恵美子さん(73)らから聞き取りをした。同島では1971年、「私宅監置」されていた精神障がい者や家族などを地域で支える巡回診療が始まった。