県は16日、麻疹(はしか)の新たな患者が6人確認され、3月下旬から合計52人になったと発表した。今回の流行は、台湾からの観光客男性が初症例とみられるが、海外客へのサーモグラフィーによる体温測定で異常は確認されなかった。医療関係者は水際対策が難しい要因に、はしか特有の事情を挙げる。