財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を巡り、野党の合同ヒアリングが17日、国会内で開かれた。福田氏によるセクハラとされる音声について、声紋鑑定を自らは実施しない方針などを財務省側が説明したことで、顧問弁護士に委託した調査の方法が不適切だと批判が続出。野党は、首相官邸が事前に了解していたとして政権全体の責任を追及する構えを強めた。被害を受けた女性記者らに協力を要請したことに、この日は与党側からも疑問の声が上がった。

 財務事務次官のセクハラ疑惑を巡り開かれた野党合同ヒアリング=17日午後、国会

 財務事務次官のセクハラ疑惑を巡り開かれた野党合同ヒアリング=17日午後、国会

 財務事務次官のセクハラ疑惑を巡り開かれた野党合同ヒアリング=17日午後、国会  財務事務次官のセクハラ疑惑を巡り開かれた野党合同ヒアリング=17日午後、国会

 ヒアリングで財務省の担当者は、声紋鑑定を含めた調査手法の選定を、外部の顧問弁護士に委託したと説明した。(共同通信)