沖縄県議会(喜納昌春議長)2月定例会は16日午前、開会した。翁長雄志知事は所信表明演説で「辺野古の新基地は造らせないことを引き続き県政運営の柱にする」と述べ、公約の実現へ決意を示した。

沖縄県議会2月定例会で所信表明演説をする翁長雄志知事=16日午前、県議会

 辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐる訴訟では「県の考えが正当であることを主張、立証していく」と述べた。米軍普天間飛行場の県外移設を求め、5年以内の運用停止など、危険性の除去へ政府に強く求める。

 深刻化する子どもの貧困問題は基金の創設や「県子どもの貧困解消県民会議(仮称)」を立ち上げ、県民運動として展開する考えを示した。

 2016年度は沖縄21世紀ビジョン基本計画の中間年で、「後期5年へ向けて沖縄振興を加速させる重要な年」と位置付けた。

 経済振興では「アジア経済戦略課」を設置して、アジア経済戦略構想の実現を目指す。大型MICE施設の建設なども盛り込んだ。

 伝統文化では、しまくとぅばの普及促進へ取り組む。「空手振興課」を新設し、16年度に開館する沖縄空手開館を拠点に「空手発祥の地」を発信する。