沖縄タイムスが1月、インターネットで実施した「育児休業」に関するアンケートでは、さまざまな意見が寄せられた。一部、紹介する。

公園で遊ぶ親子=12日午後、那覇市

・男が育休をとるのは、まだまだハードルが高いのではないか。(浦添市・39歳男性)

・女性が気兼ねなくとれる社会が望ましいが、現実はその理想とはほど遠い。(那覇市・45歳男性)

・育休給付金が支給までに時間がかかる上、二カ月に1回の支給でした。育児に加え、経済的にも不安だらけで、落ち込んだりすることが多かったです。1カ月ごとの支給になればいいのにと思いました。(嘉手納町・35歳女性)

・制度もいいが、生活自体が成り立たなければどうしようもない。経済的に育休以前の問題。いったいいくらあれば普通の生活できるのか?(沖縄市・47歳男性)

・周囲を見ると、育休のない派遣社員の方は授かり婚で退職、育休のある正社員の方は仕事都合で出産を控えるといった傾向があるように思います。出産は、育休の有無よりワークライフバランスによるような気がします。また、民間の方は育休をほとんど取らずに2カ月程度で復職するケースも散見します。男性一人の収入では家計の維持が難しい、女性が職場で男性並みの活躍を求められている結果、出産・育児が難しくなっている部分もあるのではないでしょうか。(那覇市・31歳女性)

・男性、女性、どちらの取得も義務化が必要。そのためには十分な手当、会社での代替への補助など国の制度が必要。(八重瀬町・41歳男性)

・育休をとると収入が減るので、できるだけ短期間で済ませたいとも思うし、ちゃんとこどもと向き合いたいという気持ちや、職場に迷惑かけているという気持ちもある。(那覇市・40歳女性)

・育児休業給付金がもう少し高額であれば、育休を取得してゆっくり子供の育児に向き合えると思います。(埼玉県・38歳女性)

・育休を取ると、一番お金がかかる時期に収入が減るので、なかなか取りづらい。(那覇市・40歳男性)

・職場内の理解がもっと深まらないと育休は取りづらい。(福島県・47歳男性)

・大企業や公務員など、まずは育休取りやすいところから、男性の育休取得をせめて1カ月でも義務化したほうがよい。中小企業の経営者は、「大企業でも取れない育休を、自社の従業員にとらせる必要はない」と思いがち。(那覇市・27歳男性)

・制度はあっても、周囲の理解が低いため、取得する息苦しさや妊娠中の働き辛さを感じた。もっと、社会全体が様々な制度に対して理解をする必要があると思う。(愛媛県・37歳女性)

・育休が取れるなら有効的に活用して素敵なママ、パパになってほしい。そのためにも勤め先の方はもっと理解を深め協力すべき。(糸満市・39歳男性)

・気兼ねなく取得できるように、周囲の認識の徹底が必要。(浦添市・35歳女性)

・できれば子どもが2歳頃まで育休を取って、一緒に過ごせたらと思いますが、復帰に伴う保育所問題があり、入所できるのか心穏やかではありません。本土のように、2歳児からの幼児園が普及してほしいです。(那覇市・32歳女性)

・妊活のために仕事を辞めました。正職員だったので、産休、育休を取っても仕事を続けたかったです。取ったことはないのですが、育休を取るまでも気兼ねすると思いますし、戻った後も気兼ねすると思います。勤務時間の調整をしてもらわないといけないし、子供の体調次第で休まないといけなかったり、周りから気遣ってもらえたりしないと仕事を続けづらいと思います。(南風原町・30歳女性)

・イクメン イクボスなどの言葉は広がっていても、現実は男性がほとんど取れない状況です。というより、取得そのものの検討すらされにくいというのが、現状だと思います。今の子どもたちが親になる時には、男性の育休が当然という社会になっていたらいいなと願います。(那覇市・40歳男性)

・育休が使えた私はとても恵まれていると思います。しかし、男性は育休を取りにくく、育休中の手当てなど、まだまだ課題はあると思います。4月に復職を予定していますが、保育園がまだ決まっておらず、不安しかありません。(宜野湾市・33歳女性)

・男性の育児休暇がもっと推進されるべきです。男性でも1年の長い休みを取ったことは、今後の自分、子供達、家族にとって大きな影響を与えると確信しています。(東京都・32歳男性)

・ゆっくり育児に専念できる機会であるなら取った方がいい。(浦添市・50歳女性)

・まだ学生だが、あったほうがいい制度だと思う。(那覇市・22歳男性)

・やっぱり、男性の育休はとりづらい。(那覇市・44歳男性)

・制度があっても、経済的に余裕のある人しか取得できない。休むと給料が激減することが育休取得率が上がらない当たり前の要因である。(浦添市・32歳男性)

・育休を取ると、保育園に入れないという話も聞くので、そういう不安が解消できるようなサポート体制の充実化が必要だと思う。(那覇市・33歳女性)

・パートナーにも育児休暇を取得してほしい(浦添市・34歳女性)

・保育園の入園がいつでもできるのであれば、ある程度、育休は取れるが、保育園の4月入園に合わせて早く仕事復帰しなければならないのが不満。(那覇市・35歳女性)

・復職した後、希望する部署に戻れるか不安。(那覇市・33歳女性)

・制度が社会的に一般化し、充実していれば出生率も上がるかもしれない。(浦添市・42歳男性)

・子どもが一歳になるまではしっかり家で面倒をみたいので、大事な制度だと思う。(那覇市・32歳女性)

・育児休業もいいが、子どもを連れての出勤や社内託児所、フレックスタイムなど、小さな子どもがいる人たちに働き方の選択肢が増える制度が必要だと思う。(浦添市・35歳女性)

・年収が低い沖縄では、女性も働かないといけない世帯はとても多いと思います。育休はいい制度ですが、職場復帰の為には保育園の待機児童問題の解消も早急に力を入れて頂きたいです。(名護市・28歳女性)