【東京】菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認取り消しをめぐる代執行訴訟で、翁長雄志知事が裁判所から示された和解案の「暫定案」について前向きに検討する姿勢を示したことに関し、「係争中の事案であり、県の対応について具体的にコメントすることは控えたい」と述べるにとどめた。

菅義偉官房長官

 国側の今後の対応は「政府として対応が可能か検討しているところだ」とした。

 「暫定案」の条件である移設工事を中断する可能性については、「(前)知事から許可をいただいた。住民生活、自然環境に十分配慮しながら進めさせていただきたいと思う」として、工事中断に否定的な姿勢を示した。