名護市辺野古沖の新基地建設によるジュゴンへの影響を巡り、沖縄防衛局の環境影響評価(アセスメント)の妥当性を否定する米国防総省の専門家チームの報告書が明らかになった。日米両政府が建設を進める法的・科学的なよりどころとしてきたアセスの信頼性が揺らぐ事態だ。