RBCiラジオは3月に児童養護施設を退所する18歳の子を支援しようと16日、那覇市の石嶺児童園の高校3年生6人に、1人当たり10万円の計60万円を寄付した。県内ほか5施設、12人にも随時、贈呈する。

石嶺児童園の宮城洋子園長(右)に寄付金を贈呈するRBCiラジオの大野京子執行役員(中央)と、狩俣倫太郎アナウンサー

 同社では昨年10~12月にかけて「応援! 18の旅立ち」チャリティーキャンペーンを展開。リスナーから寄付を募ったほか、カレンダー販売で180万円の資金を造成した。

 4月から県外で就職する男子は「施設を出るのは不安だけど、皆さんの思いを胸に頑張りたい」と意欲。専門学校に進学する女子は「学費だけでも大変なので、ありがたい。身の回りの物をそろえるつもり」と感謝した。