名護市辺野古の新基地建設が北限のジュゴンに与える影響を調査した沖縄防衛局の手法に対し、米国防総省の専門家チームが2010年の報告書の中で疑問視したことに、関係者は日米両政府に「重く受け止めて」と訴えた。