名護市内の中学校で男子生徒1人が麻疹(はしか)に感染・発症し、16日午後から20日まで1学級が閉鎖されることが決まった。はしかによる県内の学級閉鎖は今回の流行で初めて。生徒1人の罹患による学級閉鎖は異例だが、市教委の担当者は「早めの対応が必要だと判断した」と話す。