プロバスケットボール、琉球ゴールデンキングスの伊佐勉監督、岸本隆一主将、金城茂之が16日、沖縄セルラースタジアム那覇でキャンプ中の巨人の高橋由伸監督を訪ね、エールを交換した。

コラボTシャツを手にする巨人の高橋監督(左から2人目)、キングスの伊佐監督(同3人目)、岸本(左)、金城(琉球ゴールデンキングス提供)

 昨年の原辰徳前監督に続き2度目の訪問でキングス、巨人がいずれもオフィシャルパートナーがアンダーアーマーであることから実現。伊佐監督が「ようこそ沖縄へ」と出迎えると、高橋監督は「もうちょっと暖かいと思ってました」などと笑顔で返した。

 伊佐監督は「新鮮な顔つきに見えた。練習の雰囲気も昨年とは違うように感じる。これから高橋ジャイアンツになっていくのだろう」と語った。岸本主将は「注目度の高さがすごい。僕らも負けないよう、沖縄から発信していきたい」と刺激を受けた様子だった。

 ことしはキングスと巨人のコラボTシャツを販売している。キングスのホームゲーム会場、巨人キャンプの販売ブースで購入できる。