9秒でまるわかり!

  • 沖縄ものづくりファンドが海水淡水化装置の企業に3990万円を出資
  • 海水をナノレベルでろ過。小型・省電力設計で持ち運びしやすい
  • 国内外に販路を広げ、2021年には上場と、売上高10億円超を目指す

 海水淡水化装置を開発・販売するワイズグローバルビジョン(沖縄県うるま市、柳瀬良奎(よしふみ)社長)は18日、県や金融機関などでつくる「沖縄ものづくり振興ファンド有限責任事業組合」から3990万円の出資を受けたと発表した。

ワイズグローバルビジョンが開発した世界最小クラスの海水淡水化装置「MYZ E-40」(同社提供)

沖縄ものづくりファンド有限責任事業組合からの出資を報告したワイズグローバルビジョンの柳瀬良奎社長(左から2人目)ら=県庁

ワイズグローバルビジョンが開発した世界最小クラスの海水淡水化装置「MYZ E-40」(同社提供)
沖縄ものづくりファンド有限責任事業組合からの出資を報告したワイズグローバルビジョンの柳瀬良奎社長(左から2人目)ら=県庁

 海外の展示会などで高評価を得ている小型海水淡水化装置の製造基盤を強化し、小型船舶のほか災害時の水の確保など幅広い用途で国内外へ積極的に拡販していく戦略で、3年後には東証マザーズへの上場を狙う。

 ワイズ社の海水淡水化装置は、海水をナノレベルでろ過できるフィルターによって、塩分に加えウイルス、病原菌も除去する。このほど、世界最小級となる重量約30キロの新製品「MYZ E-40」を開発。400ワットで稼働できる省電力設計で、海水を1時間で40リットル浄水できるほか、トランク型で持ち運びやすい利点もある。価格は1台あたり60万円から。

 海外のボートショーなどに出展したところ、購入希望や代理店希望が相次いだことから製品化を急ぎ、4月から販売を開始。小型船舶のほか、災害時の水の確保など国内外の幅広い分野で需要を見込む。

 より軽量設計した新商品も今夏に発売予定で、2018年8月期は約2億円の売り上げを計画。国内外に代理店を増やしながら生産規模を拡大する戦略で、21年までに沖縄本店の社員を現在の16人から50人程度に増やし、売上高10億円超を目指す。

 柳瀬社長は「小型軽量化のノウハウで、他社よりも低価格で提供できる。今回の支援を生かして売り上げを伸ばし、上場に向け進んでいきたい」と意欲。大嶺光雄会長兼CTOも「世界各地に沖縄発の製品を普及していきたい」と意気込みを語った。