沖縄県地域保健課は19日、県内で新たに那覇市内の30代の女性2人が麻疹(はしか)に感染したと発表した。4年ぶりに3月下旬に患者が確認されてから合計65人になる。

はしか予防接種Q&A

はしか予防接種Q&A

 女性の1人は医療機関内で別の患者と接触して感染したとみられる。また、14日の検査で感染が確認されたうるま市内の30代の男女2人も医療機関内で感染者と接触したとみられ、病院施設での感染者が増えつつある。

 県では、院内感染の拡大を防ぐため、発熱や発疹などはしかの症状がある人は、必ず電話で「はしかかもしれない」と事前連絡した上で受診するよう求めている。